葬儀社選びのコツ

満足できる葬儀は葬儀社選びによって決まります

現在、名古屋市内に多数の葬儀社が存在しており、通常考えられないような、当たり前のこともできない葬儀社も多数存在しています。
また低価格を謳うことで、サービス面が劣り、結果不満ばかりが残る葬儀社が増えつつあります。
そこで、現在葬儀社に勤務している私が選んではいけない葬儀社のチェックポイントをご紹介致します。

ここでの前提とする条件は、『必ずご自身の目で確かめる』ということです。
最後に決めるのは、ご自身です。しっかりと以下のポイントを確認の上、事前相談やメール、FAXなど活用の上、見極めをして頂きますようお願い致します。

悪い例を項目毎に記載していきます。

電話応対の悪い例

社名、担当者名をいわない

一昔前は社名を言わない大手企業も存在していました。
未だに電話口にて担当者名を言わない大手企業も存在しています。

葬儀形態によって態度が急変した

家族葬や直葬を希望といった瞬間に面倒くさそうな対応に急変することも多くあります。それは社員の給料が祭壇の歩合制度になっている会社に多く当てはまります。

事前相談や事前見積りに反応が悪い

電話受付ではなく、実際の担当者に多く当てはまります。電話受付の方から担当の人に電話を変わってもらいお話しすることをお勧めします。

事前相談の悪い例

要望を聞かない

まず、なるべく深く要望を聞き入れるというヒアリングをしっかりやらずに簡単に聞き、すぐ費用の事に入る会社は要注意です。

葬儀費用は祭壇の金額から説明する

非常に重要なポイントです。葬儀費用は御礼品や飲食費などの変動費と祭壇や式場利用料、御布施など固定費で形成されています。
まず、変動費として祭壇以外の部分でどれだけ費用が係るかを明確にしてから予算に合わせた祭壇を決めなければ、想定以上の費用が掛ります。

葬儀終了後の案内がない

ご家庭によって、葬儀終了後に掛る費用や手順が異なります。
本来であれば、葬儀の説明をするよりも先に葬儀終了後の納骨先や供養について説明をして、その時の在りたい姿を明確にすることが重要です。

見積書の説明が不十分

追加で掛る費用が明記されていないことも多くあります。
式場の延長料金やドライアイスの追加費用、御布施について補足サービス料や火葬料にふれずに、見積り金額を抑えて記入する会社も多く存在しています。満足度を考えずに受注することだけを考える葬儀社です。

事前相談員の能力が不十分

葬儀社はサービス業です。担当した社員のモチベーションや会社への満足度が低ければ、その担当したご家族も満足する事はありません。
また、厚生労働省認定の葬祭ディレクター資格を持っていない事などで経験不足による対応の悪さやスピードなど注意が必要です。

この他にも、まだ多数の注意点があります。
詳細は、「名古屋のお葬式 〜正しい葬儀社選び〜」の資料をご請求ください。

ご葬儀の基本的なマナーや作法がわかる「お葬式の作法」
「名古屋のお葬式 〜正しい葬儀社の選び方〜」
無料進呈しております。お気軽にお問い合わせください。

0120-225-520

メールでのお問い合わせ

ページの先頭へ